銀河の英雄攻略ブログ

銀河の英雄の攻略をしています。

ウルヴァリンの紹介と評価 マーベルフューチャーファイト

こんにちは!

ワイロです!

最近ウルヴァリンのエピッククエストが終わったので、今日はウルヴァリンの紹介と評価を書きます。

本名

ジェームズ・ハウレット

身長

160cm

体重

136,1kg

政府の秘密プロジェクトであるウェポンXによってウルヴァリンは出し入れが可能なアダマンチウムの爪と

ヒーリングファクターを手に入れました。凄惨な過去を抱えていますが、ミュータントと人間を守るために

X-MENに加わりました。

ゲーム内の解説より

ミュータントであるウルヴァリンは動物的な鋭い感覚と反射能力、そして実質的にどんな怪我からも回復することができる治癒能力(ヒーリング・ファクター)を持っている。この治癒能力はスーパーソルジャー製造計画「ウェポンX」において、骨格(出し入れが可能なカミソリのように鋭い爪を含む)に世界最硬の金属であるアダマンチウム合金を組み入れることを可能にした。近接戦闘の達人でもある。コードネームの「ウルヴァリン」とは、クズリというイタチ科の、小さいが獰猛な動物を意味する。

性格は粗暴で礼儀を知らないように見えるが、義侠心があり友人や親しい人間に敵対する者には容赦がなく、悪人に対しては殺すことも厭わない。その「時に残虐になれる精神性」をアダム・ウォーロックに買われ、大クロスオーバー『インフィニティウォーズ』でハルクと並び、他のヒーロー(高貴であるが故に相手に慈悲をかける)ではできない仕事を依頼される。しかし、子供には限りなく優しい。また女性にも手が早く、常に伴侶を求めている描写があり、知り合った女性には気軽に「ダーリン」と呼ぶ癖がある。愛煙家であり葉巻を愛用。喫煙者が差別されている未来から来たケーブルにそれをたしなめられた時には「お前なんか大嫌いだ」と発言している。日本通で、設定上は日本語に堪能。日本人女性マリコ・ヤシダと結婚までした。

「Giant-Size X-メン」#1(1975年5月)においてウルヴァリンはX-メンの"All New, All Different" rosterに参加している。ウルヴァリンベトナム戦争以後のアメリカのポップカルチャーに出現する多くの反権力のアンチヒーロー[2]を象徴しており、命に関わるほどの力を快く行使し、1980年代末まで漫画のアンチヒーロー達の標準的な特徴を持っていた[3]。結果として、ウルヴァリンは増々有名になるX-メンフランチャイズの中でも特に人気のある人物となった[4]。1988年から単独名義でのコミックが創刊、TVアニメシリーズやTVゲーム、20世紀フォックス製作(ウルヴァリン役はヒュー・ジャックマン)の実写映画シリーズを含むあらゆるX-メンの翻案物で中心的なキャラクターになった。

ウルヴァリンの能力

ウルヴァリンは、彼自身の持つ生理機能に加え、天然・人工双方の改良を加えられたミュータントである。

彼の持つ元々のミュータント能力は、ヒーリングファクターと呼ばれる治癒過程の加速であり、傷付いたり破壊された身体の部位を通常の人間の能力をはるかに超えたレベルで再生し、ほとんどの毒と病気に対して免疫を与えるものである。

ウルヴァリンが癒すことができる速度の描写とケガの限界は物語と作者によって変化する。元々はこれは単に治癒の加速として描かれていたが、作者たちは時が経つにつれて、目のような器官や肉体の大きな部位をも再生できるまでに強めた。

例えば、最近では「シビル・ウォー」事件の端緒となった、犯罪ミュータント、ニトロによって引き起こされた爆発に巻き込まれた結果、火葬された骨の状態から数分のうちに肉体的な組織の全てを再生してみせた。ウルヴァリンはアダマンチウムが織り込まれた頭蓋骨が脳に与えた防護によって爆発を生き残った。エグゼビアによって作られたX-メンの強さと弱さを一覧表にした一連のプロフィール、「エグゼビア・プロトコル」にはウルヴァリンのヒーリングファクターは信じられないレベルまで強化されており、彼を殺す唯一の方法は首をはねて彼の首を身体の近くから離すことだ、とはっきりと述べられている。しかし、エグゼビアがこの戦略を考えついた時、ウルヴァリンの骨格にはアダマンチウムが組み込まれていなかった。ただし、さまざまな作者や画家による現在のウルヴァリンの治癒力の限界の表現を考慮すると、首をはねることで本当に彼が殺せるのかどうかはもはやハッキリしない。

加えて、この治癒力によりウルヴァリンは普通の人間と比べてかなり老化が遅い。ウルヴァリン自身は19世紀後半あたりに生まれたとされる。現在ではウルヴァリンは100歳以上で、最初の段階では普通の人間の外見と生命力を備えていたと設定されている。ウルヴァリンの治癒力はありとあらゆる病気に対する免疫を与えている。また、毒物や薬物も効かず、強力なものでも時間が経てば解毒される。アルコールにも強く、一時的に酔いはするがすぐ覚める。

ウルヴァリンは数多くの超人的な肉体の特質を持っている。ウルヴァリンのヒーリングファクターは肉体的なスタミナを超人的なレベルで与えている。ウルヴァリンはオメガレッドと連続で18時間以上、しかもオメガレッドの持つデス・ファクター(周囲の者を殺す毒のような能力)に常に汚染されながらも交戦した。

ウルヴァリンは自身の機敏さと反射力も通常の人間の限界以上のレベルまで拡張されている。至近距離から放たれたサイクロップスのオプティックブラストをかわすこともできている。

ウルヴァリンはまた、超人的な視覚、聴覚、嗅覚を有する。ほぼ完全な暗闇において、あるいは遠距離においても常人より明確な視覚を確保できる。聴覚についても同様で、常人では感知できない音を聞き、また遠距離においても常人より明確な聴覚を確保できる。また嗅覚については、自然条件や時間経過によっていくらか薄れたとしても、臭いによってターゲットを追尾することができる。

ウルヴァリンの肉体的な外見は動物のような変異を示しており、顕著な犬歯と両手首にある3本の格納可能な爪を含んでいる。爪は骨で構成されており、ケラチンで構成されている普通のほ乳類の爪とは違っている。骨の爪はほとんどの金属、木材、さまざまな石のような丈夫な物質を真っ二つにするぐらい鋭く、密である。ウルヴァリンの手は爪が出入りするための穴を備えていない。そのため、爪は彼が使う度に彼の皮膚組織を貫いてしまう。彼のヒーリングファクターはその際作られる傷をほとんど即座に処理するが、彼は度々それが常に痛みを伴うことを口にしている。

彼の爪を含むウルヴァリンの全ての骨格は、アダマンチウムが分子的に鋳込まれている。このアダマンチウムの重量は、彼のパンチおよびキックの重さを劇的に増やす効果もある。

アダマンチウムの爪は、アダマンチウム以外のほとんどいかなる物質をも切断することができる。(ただしキャプテン・アメリカのシールドについては、アダマンチウムにヴァンティウムと極秘の割合で構成されており耐衝撃性がある。)

ヒーリングファクターは彼の筋肉を人体の限界を超えて負傷することなしに引き上げており、超人的な強さを許している。これは彼の筋肉に100ポンド(45.5kg)以上のアダマンチウムを常に身に付ける必要によって増大された物で、骨格の構造的な限界を取り払い、人間の骨格に負担を与えるような重さを持ち上げることを可能にしている。彼は鉄の鎖を破壊するほどに強く、12人もの人間を片手で頭上に持ち上げ、壁の向こうまで投げ飛ばすことができるように描かれている。

プロフェッサー・チャールズ・エグゼビアに埋め込まれた高レベルのサイオニックシールドによって、ウルヴァリンの精神はテレパシーによる精神攻撃や読心に対して強い抵抗力を持つ。

日本や他の国で過ごす間、ウルヴァリン武装武装を問わず、ほとんどすべての格闘技の型と戦闘方法の達人となっている。侍として彼は刀の扱いに優れている。ウルヴァリンはまた、彼の教官Ogunによって忍者として厳しい鍛錬を積んでおり、バンドウサブロウと共にジャスミンフォールズの忍者の村で5年間鍛錬をしていた。彼は時代の新旧を問わず、遠距離・近接、ほぼ全てのタイプの武器を使用できる。ウルヴァリンはシャン・チーやキャプテン・アメリカ のような相手に単独で勝つことができるほどのスキルを持つ、類まれな近接戦闘の闘士である。彼はまた人体とツボに関して広い知識を持つ。彼は熟達したパイロットで、スパイ活動や秘密の作戦の分野で高い技術を持っている。

ウルヴァリンは、時に近接格闘の間「バーサーカーレイジ」に陥る。この状態で彼は、容赦のない野獣の強烈さと攻撃性を伴ってlashes outし、精神攻撃に対して更なる耐性を持つようになる。この性質は時に彼の自身や仲間の命を救う一方で、純粋に文明化し高潔な戦士になろうと努めている彼はそれを度々恥じている。

獣のような見た目に反して、ウルヴァリンは実際かなり知能が高い。引き延ばされた寿命によって、彼は世界を旅し、異国の言葉や文化に精通している。彼は流暢に英語、日本語、ロシア語、中国語、シャイアン語、スペイン語ラコタ語を話し、フランス語、タイ語ベトナム語、ドイツ語にいくらか知識がある[62]。

フォージがデンジャールームのトレーニングセッションでウルヴァリンのバイタルをモニターした時、彼はローガンの肉体と精神の状態を「頭の中でチェスのコンピュータを同時に四台いじりながら、オリンピックの体操の金メダリストの演技をしているに等しい」と評した。

ウルヴァリンは孤独を好みしばしば無愛想だが、一般に信じられていることに反して、殺しやバーサーカーレイジに陥ることを良しとしない。ローガンは個人の名誉と道徳の掟(武士道)を堅く守っているが、たびたび反抗的で非礼な態度を示している。彼は数十年間で数多くの女性とロマンチックな関係を築いており、そのほとんどは知られていない。最も意味深な物ではイツやシルバー・フォックス、ヤシダ・マリコが含まれており、ジーン・グレイにちょっかいを出したこともある。彼はX-メンの中に家族を見出しており、キティ・プライドやジュビリーの父親代わりになっている。

Wikipediaを参考にしました。

映画X-MEN3部作では、残念ながら黄色のスーツは着ませんでしたね。

他の作品は分かりませんが、あまり残虐な描写はありませんでした。

それでは、ゲーム内のウルヴァリンの評価に移ります。

IMG_20180915_151326.jpg

ストーリー適正○

ワールドボス適正○

タイムラインバトル適正○

シャドウランド適正○

アラバト適正○

コンクエスト適正○

おすすめのアメコミ


スパイダーメン (ShoPro Books)

パッシブにスーパーアーマー、ヒーリングファクターがあるので、多少の被弾を気にせず戦えます。

ガンガン攻めましょう。

アラバト特化にするか、対人特化にするかで変わりますが、あらゆるコンテンツで使えます。

スキルローテーションは特にありませんが、4スキルでバフを乗せてから5スキルを打ちましょう。

3スキルは前方に斬撃を発生させるので、積極的に使いましょう。

ウルヴァリンは育てるのが大変ですが、最強キャラクターのジーングレイの開放に必要かつ、本人も強いので是非育ててください!

ワイロでした!

この記事が良い記事だと思ったら拡散よろしくお願いします!

youtubeで動画投稿をしています!

https://www.youtube.com/channel/UC-u3Dc7EZsgJkUQGecgzzhQ?view_as=subscriber

ここを押すとこのブログのランキングが上がります!